子供のワキガにはクリアネオがいい!小6のママの奮闘記

子供のワキガにはクリアネオがいい!体操着が臭わなくなってお友達が増えたみたい

子供のワキガにはクリアネオ

子供のワキガを放置しておくのは親として失格ですよね。私も「もっと早く気付いてあげればよかったのに・・・」と、あの時のことを強く後悔しています。でも今ではクリアネオのおかげでそんな罪悪感からずいぶんと救われました。子供が楽しそうに学校へ出かけていく背中を見送っていると、思わずジーンときてしまいます。

 

どうして子供のワキガがひどくなっているのに気づいてあげられなかったのか?ほとんどの人は私のことを責めるでしょう。私のように小学6年生くらいのお子さんを持つお母さんなら、さらに強い怒りすら感じていらっしゃることでしょうね。でもそれには理由があるんです。

 

言い訳をしたくてこんなお話をするのではありません。もしかすると私と同じように、大切な子供が知らず知らずのうちにワキガになっているのを見過ごしている、そんなお母さんがどこかにいるかもしれないからです。というのも・・・

 

母親である私がワキガだったからです。

 

事実、日本人の10人に1人〜2人はワキガです。そして、子供の頃から自分の体臭として知っているニオイだからこそ、自分の子供から同じようなニオイがしたところで気付くことが難しいのです。もちろん自分の子供がワキガであるはずがない!と無意識にそう思いたい気持ちがあったのかもしれません。

 

もっと早くクリアネオを知っていたら、うちの子もあんなに辛い体験をすることもなかったでしょう。悔しくてガマンして涙をこらえながら、唇を噛みしめることもなかったはずです。

 

⇒ 【クリアネオ(CLEANEO)】

 

ワキガは遺伝します

 

もちろん親がワキガなら子供も確実にワキガになるということはありませんが、両親がワキガなら80%、片親がワキガなら50%の確率で子供もワキガになってしまいます。しかも、両親がワキガではなくても後天的にワキガになる子供もいます。

 

だからこそ、お母さんやお父さんがワキガでも、そうでなくても、子供がワキガになっていないか意識しておく方がいいのです。私も自分の子供がワキガになっていないか常に意識しておくべきでした。(本当にゴメンなさい。)

 

今ではクリアネオのおかげで(実は親子で使っています)まったくワキガの悩みは消えました。子供が着ていた体操着の脇を注意して嗅いでみても、ワキガの臭いがしません。お恥ずかしいですが、私も自分が着ていたブラウスやインナーの脇をチェックしています。でもやっぱりあの独特の嫌な匂いがしません。

 

なぜクリアネオが子供のワキガにも効果があるのか?子供のような弱い肌に使用しても大丈夫なのか?敏感肌のママも一緒に使えるのか?購入する前にはいろいろと不安なことも多かったです。

 

でも実際に試してみると、その効果に驚き、「もしかすると自分はワキガじゃなかったのかもしれない」と錯覚を起こすくらいです。不思議です。しかも朝に塗っただけで一日中匂わないので、学校で塗りなおしたりできない子供にはピッタリですね。体育の授業があった日も、学校帰りに公園で友達と走り回って帰ってきた日も、まるでワキガが完治したような気持ちにさせてくれます

 

そういえば、ひとつ疑問に思われるかもしれませんね。よく「自分の体臭には気づかない」と言われます。私もワキガだったので子供のワキガの臭いには気付きにくかったはずですから、どんなキッカケで子供のワキガに気付くことができたのか、不思議に思われたかもしれません。

 

なぜ私が子供のワキガに気付くことができたのか?

あれは子供が小学6年生になって1ヶ月が過ぎたゴールデンウィークの連休明けのことでした。なかなか起きてこない子供を起こしに行くと、布団を頭からかぶったまま丸くなっていました。まだ寝てるのかと思って大きな声で「朝よー」って言うと、布団の中からこもった小声で「熱っぽくてだるいから休む」と返ってきたのです。

 

小声でしたがハッキリとした口調だったので、この子がとっくに起きていたんだと分かりました。「大丈夫?」といいながら布団をめくり、額に手をあてて体温を測り(平熱でしたが)、それでもその日は念のため風邪薬を飲ませて学校を休ませることにしました。

 

「きっと連休中に友達と遊び過ぎて疲れが出たのね」と勝手に思っていたのですが、事態は深刻でした。次の日も、次の日も、また次の日も、体調が回復しないのです。「だるい」「おなかが痛い」「吐き気がする」そういった理由で学校に行かなくなってしまったのです。

 

さすがにこれはおかしいと思って、静かに、長い時間をかけて、私は子供と向き合ってじっくりとお話をしました。最初はスネたように「何でもない」と反抗していましたが、私が何一つ取り乱すことなく静かに問いかけてくるので、子供も少しずつ心を開いて話し始めてくれたようでした。

 

学年が上がってクラス替えが行われ、仲の良かった友達とは離れ、新しく同じにクラスになったある男子グループからイジメを受けていたのです。ガマン強いこの子は、6年生になってから1ヶ月近くもイジメに耐えながら学校に通っていたのです。

 

そして、そのイジメの原因がワキガだったのです。

 

不潔でもないのに不潔だと決めつけられ、近寄るとニオイが移ると言われ、さらには「アイツに触っただけでワキガになるぞ」「アイツと口をきくヤツはみんなワキガだ」などと、1ヶ月も言葉の暴力を受けていたのです。

 

本人はショックを受けていました。私もショックを受けました。まさか自分の子供がイジメにあっていたこと、まさか自分の子供がワキガになっていたこと、そしてその臭いが原因でイジメになっていたこと、何よりそんな子供に何て声をかけていいのか分からなくなっている情けない自分。

 

親として最低・・・ダメな母親・・・

 

私は必死になってこの子にできることを探しました。それが唯一の償いだと思いました。もちろん、もっと親子で何でも話し合えるような関係を作っていくことは当然なのですが、何よりイジメの直接的な原因になっているワキガをまずは何とかすることが最初に必要なんだと思いました。

 

ワキガはよくある「汗臭さ」とはまったく違います。臭いが発生する仕組みも臭いの原因も違うので、マツキヨや薬局などで売られているような制汗剤や臭い対策商品では意味がありません。

 

きっちりと殺菌して、ワキガの原因になる汗を抑え、その効果に持続力があり、何よりワキガの臭いそのものを消し去ってくれる強力なワキガ対策商品が必要だったのです。それが、クリアネオとの出会いでした。

 

クリアネオは無添加無香料で、皮膚科専門医の24時間パッチテストをクリアし、皮膚の感応性テストでは低刺激であると認められ、さらにアレルギーテストまでクリアしています。なので大人はもちろん子供にも安心で、敏感肌の人でも、さらに脇だけでなくデリケートな部位にまで安全に使用することができます。

 

⇒ 【クリアネオ(CLEANEO)】

 

あれから9ヶ月が過ぎました

 

先日、中学校の制服が出来上がったので洋服店まで受け取りに行ってきました。子供の成長は早いので、少しばかり大きめのサイズを選びました。試着してみるとやっぱり少しブカブカです。うちの子は右手を肩の高さまで上げて、指先だけ見えている袖先を眺めながら照れくさそうに笑っています。

 

涙が溢れました。

 

うちの子はクリアネオを使い始めてからワキガの悩みが消えたせいか、自信を取り戻して明るく活発になり、以前のように毎日友達と日が暮れるまで遊んでいます。そんなうちの子も、もう中学生なんですね。

 

子供が小学から中学、高校と成長していく思春期の頃に受けてしまった傷は一生消えることはないでしょう。私もそうでしたから。だからこそ親として守ってあげたい。それが親としての責任です。この日は改めてそう思う一日になりました。

 

⇒ 【クリアネオ(CLEANEO)】




更新履歴